黒木瑞さんの心理学メイク〜15分で7歳若返る


たった15分で7歳若く見える心理学メイクはこちらをクリック<<

黒木瑞さんが監修する心理学メイクは特別な道具を使わずに今あなたが持っている普通のメイク用品で出来る7歳若返るメイク法です。

何も特殊な化粧法ではなく、モチロン整形しましょう、という話でもありません。

老けて見えるのは年齢とともに増加するシワやたるみ、くすみや目の下のクマなどが原因です。
上手なメイク方法をメイクアップアーティストの黒木先生がお教えします。

黒木先生はプロのメイクアップアーティストとして活躍されているだけでなく、日本パーソナルセラピー協会理事長として顔や心に悩む人たちのカウンセラーとしても活躍しています。

いつも老けて見られる方、実年齢よりも少しでも若く見られたい方、整形はしたくない方、エステに行くと高額なので少しでもお金を掛けたくない方、老け顔なために自分に自身のない方、人と話すときに自信が持てない方、こういった方にオススメです。

この方法はメイクに多くの時間を割くこともなく、高額なエステや高級な化粧品を買うことなくあなたが美しく見えるメイクの方法を伝授します。

さて、なぜメイクと心理学が一緒になっているかというと、もともとアメリカなどでは火傷や怪我、またアザなどで顔に損傷をおってしまっている方に対してメイクで外見をキレイにしてあげて心理的ダメージを減らしてあげるという手法がありました。
これをセラピーメイクと呼んでいます。

つまり、自分の顔に自身を持てず、いつもふさぎこんでいたり、大事な人と怖くで話が出来なかったり、顔を上げて会話が出来なかったりといった悩みをメイクを上手にすることによって解決してあげようということなんです。

もっと自分に自信を持ちましょう。あなたは美しく変われます。

↓詳しくは下のリンクをクリックしてみてください↓

>>たった15分で7歳若く見える心理学メイクはこちらをクリック<<

メイク落としにも気を付けないと
メイクを落とすときめんどくさがって、テキトーにやっていませんか。 肌の調子を維持するにはあまり雑にやらないほうが良いと思います。

メイクは顔に色々なものを塗るわけですから言ってみれば顔に汚れを付けているのとほとんど変わりません。皮膚の表面は清潔に保ってこそ健康なお肌に近づけます。 皮膚のシワの間や毛穴の汚れを丁寧に洗う事が大切です。

メイク汚れと皮脂汚れ、それから大気中のホコリなど、お肌の表面につく汚れは色々あります。 基本はやっぱり洗顔です。まずはお肌を清潔に保つことです。しっかり汚れを落とした後に十分保湿をするのがお肌の健康を保つ上で大切になります。

乾燥肌にお悩みの女性も多いと思います。 乾燥しやすい人は特に保湿に注意が必要。洗顔も汚れをキッチリ落としたいあまり、ゴシゴシと必要以上に顔を洗う人がいます。 いくらキレイにしたいからといって洗顔のし過ぎも必要以上に皮脂を落としすぎてしまいますので良くありません。

紫外線の肌のダメージ
紫外線はお肌の敵と言われています。日差しがまだ弱いと思われている春先でも結構紫外線は強いんです。
屋外に長くいると日焼けしますよね。日焼けもあまりにも急だと火傷になってしまいます。ひどい時は真っ赤になってヒリヒリすることも。


もうほとんど軽い火傷の状態になってしまっているんです。
日傘や日焼け止めでの防御が大切です。日焼けは肌の水分を奪ってしまいます。
日焼けの後、肌がカサカサした経験はありませんか?肌の水分が奪われてしまい、水分のない状態になってしまった状態です。


UVA波やUVB波は肌にダメージを与えます。皮膚のメラニン色素を増大させてそれがシミなどの原因になります。
肌が乾燥するのは皮膚のコラーゲンが紫外線によって破壊されている証拠です。
ですから、紫外線対策はとっても大切!


あなどってはいけません。小まめに日焼け止めを塗るなどして対策をしましょう。
よく、時間がないからといって適当にサッサッと済ませてしまう方が居ますが塗るときにムラになってはいけません。
極端な時は塗残しの部分だけが日焼けしてしまいまだらになってしまうことも・・・ お化粧で少しでも若く見られたいなら黒木瑞 心理学メイクをオススメします。



お役立ちリンク
ウルツヤ肌になるには